豆本に興味を持つ方々に、お知らせしたい情報がある方は、下記へご連絡下さい。
メール info@mamehonkyo.jp(日本豆本協会事務局)
電話 045-431-1260(日本豆本協会会長・田中栞)
日本豆本協会会員からの情報は、「豆本ニュース」に優先的に掲載します。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
豆本カフェTOKYO 2019(東京、ときわ台)

13人の豆本作家の作品を展示&販売します。
予約不要のワンコインワークショップも開催予定です。



会期 2019年2月10日(日)〜2月11日(月、祝)11:00〜18:00
会場 カフェ&ギャラリー La Paletteラ・パレット
東京都板橋区常盤台2-6-2池田ビル2F
電話03-3960-5021
東武東上線「ときわ台」駅下車徒歩1分
※カフェギャラリーですので、ご来場の際は一品ご注文をお願いします。

※参加予定作家(50音順)
青木弘之/Arcana–cica/稲山ますみ/キナーゼ/
佐藤あづさ/sarara/Team A lab./天使匣/
ひつじ雲書房/風古堂/hokori/宮内豆本館/夢文庫

会期中に開催されるワークショップなどのイベント情報は、
天使匣と稲山ますみのTwitter、稲山ますみのFacebookで
随時お知らせします。
Twitter  @tenshibako @ine0214
Facebook  https://www.facebook.com/minayama

(情報提供/会員No.62 稲山ますみ)

野村悠里氏講演会「ルリユール・綴じの文化史」(東京都・神保町)

西洋工芸製本史の研究者であり、ルリユールに携わる実践者でもある野村悠里氏は、2017年に『書物と製本術−ルリユール/綴じの文化史』を上梓されました。
……………………
野村悠里著『書物と製本術−ルリユール/綴じの文化史』(みすず書房)

 

フランスにおけるアンシャン・レジーム期、出版は国王の統制下にあって、読者は書籍商・印刷業者から購入した仮綴本を、製本職人に依頼して製本(ルリユール)してもらうという方式で本づくりが行われていた。
当時の読書文化を、書物の内部構造である「綴じ」に注目して分析し、製本関連の文献を多数収集参照して調査検討を行った、学術史料的価値の高い著作。

※本書の表紙には、製本職人・アマンが残したダンテル紋様が金箔押しされています。
……………………
 
日本出版学会では、出版の調査・研究に関する優れた著作に対して、学会賞を授与していますが、『書物と製本術−ルリユール/綴じの文化史』が2017年度・日本出版学会賞奨励賞を受賞、記念講演会を開催することになりました。
 
日本でもルリユールのアーティストは増え、講座も開催される時代になりましたが、ヨーロッパの出版や書物制作について、その歴史的背景や実態を、きちんと把握している専門家は数少ないのが現状です。
この講演では、フランスの17〜18世紀の出版における書籍商・印刷業者と製本職人・箔押し職人の事情や、当時の製本技術、とりわけ「書物の綴じ」の具体的な方法について、技術的な変遷がわかる実例を示していただきながら、当時の本づくりの歴史的背景を、わかりやすくご解説いただきます。
 
講 師: 野村悠里(東京大学大学院人文社会系研究科助教)
(第39回(2017年度)日本出版学会賞奨励賞受賞)
 
日 時: 2019年1月11日(金)18:30〜20:30(18:00受付開始)

会 場: 専修大学神田キャンパス・5号館541教室
東京都千代田区神田神保町3-8
https://www.senshu-u.ac.jp/access.html

参加費: 日本出版学会会員500円、非会員1500円 ※要予約
学会員でなくても参加できます(歓迎!)。

申込み・問合せ先: 日本出版学会・田中栞
koubaido※cam.hi-ho.ne.jp(※を@に代えてご送信ください)
電話045-431-1260
※「氏名・電話番号・ご所属・学会員か非学会員か」を明記の上、メールかお電話でお申し込み下さい。メールには田中から必ず返信します。
 
主 催: 日本出版学会
(情報提供/会員No.1 田中栞)

津田淳子さんトーク&お宝コレクション拝見会 「編集長の造本コレクション」


「デザインのひきだし」編集長・津田淳子さんが、ご自身の造本コレクションを見せてくださいます。
「デザインのひきだし」第28号「造本とブックデザインと。」誌上では、書物展望社・齋藤昌三が手がけた、番傘やミノムシ、手紙の封筒などを表紙に使った奇抜な造本の出版物が多数紹介されています。
これらは、美術展などでは、ガラスケース越しにしか見ることができないクラスの作品ばかりです。
ここに掲載されているのは、編集長・津田淳子さんのコレクションなのですが、これらの実物を、見せてくださるという貴重な機会があります。
まだ席に余裕がありますので、ぜひご参加ください。
 
講師 津田淳子氏(グラフィック社「デザインのひきだし」編集長)
日時 2018年11月21日(水)18:15〜20:00頃
※要予約お願いします
会場 京橋区民館、第2・3号室
東京都中央区京橋2-6-7
電話03-3561-6340

参加費 東京製本倶楽部会員500円、非会員1000円
主催 東京製本倶楽部
参加申し込み先 event@bookbinding.jp

(情報提供/会員No.1 田中栞)

atelier ROSE & SATYさん、Hyper Japan winter 2018に参加(ロンドン)

atelier ROSE & SATYさんが、Hyper Japan winter 2018に参加します。
期間中ロンドンにいらっしゃる方は、ぜひお立ち寄りください。
Hyper Japanは、ロンドンで日本の文化を発信するイベントとして開催されています。
We will exhibit at Hyper Japan winter 2018.

日時:Fri 16 - Sun 18 November 2018
16 12:00 - 20:00
17 9:00 - 14:45, 15:30 - 21:00
18 9:00 - 17:00

会場:Olympia London, UK

(情報提供/会員No. 34 井上淳子)

豆本ドールハウス・イベントスケジュール(横浜、吉祥寺、広島など)

豆本ドールハウス・サイト
http://miniaturepopupbook.handmade.jp/


360度くるっと開くとドールハウスになる、手のひらサイズの絵本を制作している「豆本ドールハウス」さんの作品が見られるイベントスケジュールです。
イベントによっては、自分で作成できるキットの販売もあります。

2018年11月1日(木)〜11月14日(水) そごう美術館・ミュージアムショップ(横浜そごう6F)
2018年11月3日(土)〜2019年1月6日 ラヴィドリュクス in 吉祥寺PARKO
2018年11月9日(金)〜11月10日(土) 手づくりフェアin広島
2018年11月17日(土)〜11月18日(日) ヨコハマハンドメイドマルシェ(B-94)
2018年11月25日(日) コミティア126
2018年12月2日(日) アイドール
2018年12月16日(日) ドールズパーティ
2018年12月22日(土)〜12月24日(月) 幕張ハンドメイドフェスタ
2018年12月29日(土) コミックマーケット(西地区 "い" ブロック 31a)

(情報提供/会員No.59 豆本ドールハウス)

「藍木野 久留米絣のよそおい」(西池袋)

重要文化財・自由学園明日館内の一室において、
久留米絣のよそおい展示会を開催します。
この一郭に、宮内豆本館さんが豆本などの小さな作品群を並べます。
趣のある建物を見学がてら、ぜひお立ち寄りください。
※施設見学は有料です。

会期 2018年10月16日(火)・17日(水)11〜17時
※最終日は早めの撤収となります。
会場 池袋・自由学園明日館
東京都豊島区西池袋2-31-3

http://www.jiyu.jp
JR「池袋」駅下車メトロポリタン口より徒歩5分

(情報提供/会員No.11宮内豆本館)

​戸越八幡神社・一部屋豆本市(東京都・戸越公園)

都内、戸越公園や宮前商店街からほど近いフレンドリーな地域にある「戸越八幡神社」。
この社務所で、「一部屋豆本市」を開催します。境内には人なつこい猫ちゃんも!
同じ日に、境内では「一箱古本市」を開催中です。


11名の作家たちが、様々な手づくり作品を展示販売します。
手づくり豆本、小さな銅版画、猫ちゃんのアクリル画、かわいいアクセサリーなど。
豆本づくりのワークショップもあります!
 
参加作家 飯村蒼丘 烏丸京 高橋起弥 田中栞
ちぎり屋さゆき 猫屋風来堂 HOUSE OF LILY
風古堂 豆筥堂 みきとも 山猫や

豆本ワークショップ 講師 田中栞
亀甲綴じの豆和本『猫のはなし』600円
豆絵本『どうぶつのうんどうかい』300円
豆絵本『にゃんこABC』『シンデレラ』100円
折紙豆本 0円   講師がいる時は、いつでもできます。
 
開催日時 2018年10月7日(日)11:00〜16:00
※雨天でも開催します。ただし、古本市は雨天中止です。
 
会場 戸越八幡神社・社務所

http://togoshihachiman.jp
東京都品川区戸越2-6-23
電話03-3781-4186
東急池上線「戸越銀座」駅下車徒歩8分程度
 
協力 日本豆本協会

(情報提供/会員No.1 田中栞)

​第8回 豆本のつどい(横浜市)

豆本好きな人たちの交流茶話会です。
豆本好きな方なら、どなたでもご参加いただけます。
ご参加のお申込みを、お待ちしています!

主催/日本豆本協会 

開催日時 2018年9月24日(月、祝)11:00〜16:00
10:30受付開始。時間内なら、いつ来場してもいつ退場してもOK。
13:00頃からワークショップ、14:30頃からビンゴ大会があります。
 
会場 横浜市開港記念会館   1階 1号室
  横浜市中区本町1-6
    みなとみらい線(東急東横線乗入れ)「日本大通り」駅下車、   
    1番出口から徒歩1分、交差点はす向かいの赤レンガの建物。

* * * * * * * * * *
・全員豆本ワークショップ「革表紙の豆ニードルブック」
革表紙にロングステッチでフェルトを綴じつけ、小さなニードルブックを作ります。


 ※サンプル画像です。革などの材料は同じではありません。
 
・豆本作家のご紹介 ・豆本自慢
・豆本好きが喜ぶビンゴ大会
・豆本作品の販売
・天使匣produce!麗しいカフェコーナー
* * * * * * * * * *
 
*参加費……ワークショップ込みのお値段です!
日本豆本協会会員1000円(当日入会OK)・非会員1500円
会員でなくても参加できます。
ご予約をお願いします。
 
 *予約申込み方法
「作家名またはお名前」「お電話番号」「メールアドレス」
「サイトアドレス(お持ちの方のみ)」「来場予定時刻」「懇親会に参加するかどうか」
「日本豆本協会会員かどうか」を、必ず記入してお申し込みください。
 
●メールでのお申込み/田中栞
koubaido※cam.hi-ho.ne.jp(※を@に代えてご送信ください)
 
●お電話でのお申込み(お問合せもお気軽にどうぞ)
田中栞/電話045-431-1260
※作家名またはお名前、サイトアドレス、懇親会参加の有無は、当日配布の参加者リストに記載します。 
……………………………………………………………
懇親会
美味しい中華をいただきながら、もっと豆本トークを楽しみましょう!
開催日時 2018年9月24日(月、祝)17:00〜19:00頃
会場 ロイヤルホール横浜「桃桃林」(美味しい中華バイキング)
参加費 3000円 ※懇親会だけのご参加も歓迎です!
……………………………………………………
ご参加のお申込みを、お待ちしています!

(情報提供/会員No.1 田中栞)

「2018おかやま いま何どき 豆本どき!」(岡山市)

毎年恒例、夏の豆本展の開催です。
22名の作家の作品の展示販売、新作もあります!
豆本ワークショップも!



参加作家……稲山ますみ/烏丸京/きまぐれぎゃらりぃ一颯かん
/Cream tea/こさぎ書林/さはらあこ/田中栞
/どーる・HONOKA/椿書房/西田あとり/花霞幻燈
/花まめ書房/速水暁子/びー玉・上山榮子
/ひよ子のハンカチ/風古堂/hokori/マスダユタカ
/Mathi-page/松山建爾/豆本瑠璃堂/森馬康子

……………………………………………………
田中栞の豆本ワークショップ

8月25日(土)11:00〜13:30 
豆巻物『雪月花振分双六』……3000円
江戸時代、人気芝居の演目を題材に、豊國が描いた双六を美しい豆 巻物に。


8月25日(土)14:30〜17:30
横型ハードカバー豆本『模範コドモヱホン/でんしゃ・きしゃ』… …3000円
大正時代のレトロな絵本2冊分を合体して、糸かがりで横型のハー ドカバー豆本に仕立てます。


8月25日(土)18:00〜19:30
豆本の中身づくり講座……1500円
豆本の中身を、製本しやすく作るテクニックやレイアウト、印刷所 への発注枚数や金額など、全部解説します。
テキストと、裁断前の豆本の中身、約20枚つき。


8月26日(日)11:00〜17:00頃(途中、昼食休憩あり
本格丸背本『豆帳簿』……5000円
帳簿の本文紙13折を糸かがりして、憧れの丸背本に。本文が18 0度開く帳簿式です。
昔ながらの帳簿か、猫帳簿を選べます。


※丁寧にお教えするので、必ずできます。お気軽にご参加下さい。

会期 2018年8月17日(金)〜8月26日(日) 11:00〜18:00(最終日〜17:00)
会場、ワークショップの申込み先 artspaceテトラへドロン
  岡山市北区表町1-9-44-2F
  電話086-223-3155
  メール 
tetoraks@ta2.so-net.ne.jp

(情報提供/会員No.1 田中栞)

​豆本の宇宙2018(東京・京橋)

首都圏での豆本展「豆本の宇宙2018」展、開催です!
http://www.office-taira.jp/m-neko/gallery/201806_mamebon.html

精巧な手づくり豆本を展示・販売。版画あり、ポップ・アップあり、29人の現代作家たちが、様々な技法を駆使してオリジナル・アートを展開します。
小さい手のひらサイズから広がる大きな世界をお楽しみ下さい。

参加作家/五十嵐彪太、うみうさぎ堂、雲泥流、岡文子、上山榮子、烏丸京、桐山暁、Cream tea、佐藤りえ、さはらあこ、関川敦子、田中栞、ちぎり屋さゆき、ちむにど、つまびきや、天使匣、どーる・HONOKA、マメカバ本舗、西田あとり、猫屋風来堂、花霞幻燈、ひつじ雲書房、風古堂、ぷち・りーぶる、hokori、マスダユタカ、豆筥堂、森本歩子、夢文庫

会期 2018年6月29日(金)〜7月8日(日)
※7月4日・5日休廊 12:30〜19:00(土日は17:00まで) ※入場無料
…  …  …  …  …  …
豆本ワークショップなど
講師 田中栞 ※要予約

●7月6日(金)13:00〜16:00【満席間近】
アンティーク豆絵本を作ろう『シェイクスピアガーデンの花』/参加費3500円
ウォルター・クレインの描く、花のドレスを身にまとった女性たちの画集です。糊で貼り合わせて、絵本仕立てにします。


●7月6日(金)17:00〜18:30
ヨーロッパ・アンティーク挿絵本を見る会・その2/参加費1000円
19世紀後半の鋼版画入り挿絵本や、アール・デコのポショワール版画満載の麗しい挿絵本を、多数お見せします(撮影OKです)。昨年お見せした本とは別の本をお見せします。デジタルとは異なる、リアル版画・リアル本の迫力をご堪能ください。


●7月7日(土)13:00〜16:30
アンティーク豆絵本を作ろう『花の婚姻』/参加費3500円
ウォルター・クレインの最も美しいリトグラフ絵本を、丸ごと一冊、本かがりの技法で本文紙を糸綴じして、ハードカバー豆本に仕立てます。


●7月8日(日)
13:00〜16:00 アンティーク豆絵本を作ろう『ABC絵本』/参加費3500円
ウォルター・クレインの、動物たちが登場する楽しいABC絵本を、ハードカパーの豆折本に。
「化粧裁ち」のテクニックを手ほどきします。カッターの使い方や、きれいに作るコツがたくさんGETできる内容です。


会場・予約申込み先 メゾンドネコ

  東京都中央区京橋1-6-14 佐伯ビル2F
  JR「東京」駅下車八重洲南口から徒歩8分、東京メトロ「京橋」駅下車6番出口から徒歩2分
  http://www.office-taira.jp/m-neko/gallery/index.html#g-map
電話 03-3567-8880
メール m-neko@office-taira.jp

協力 日本豆本協会

(情報提供/会員No.1 田中栞)