豆本に興味を持つ方々に、お知らせしたい情報がある方は、下記へご連絡下さい。
メール mamehon-jim@ja3.so-net.ne.jp(日本豆本協会事務局・八嶋浅海)
電話 045-431-1260(日本豆本協会会長・田中栞)
日本豆本協会会員からの情報は、「豆本ニュース」に優先的に掲載します。
<< May 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
はちモノマチ/「とじ郎倶楽部」(東京都台東区)
http://monomachi.com
上野、御徒町、浅草橋、蔵前地区の各地で楽しいワークショップが開催される「モノマチ」。
今年も充実の豆本コーナーが出展します。

〈とじ郎倶楽部コーナー〉
http://www.tojiro.co.jp/
・様々な豆本キット販売
・豆本ストラップづくりワークショップ・オマケキットつき……1回500円(随時)

・豆本作りに役立つ端紙販売(ファンシーペーパーや板紙など、お買い得!)……1つ100円

〈日本豆本協会コーナー〉
http://mamehonkyo.jp
・豆本作品販売

速水暁子/動物写真豆本


Micico/イタリア刺繍のニードルブック豆本


森本歩子/創作文芸豆本


田中栞/アンティーク豆絵本
・豆本ワークショップ(随時)、豆本作りのアドバイスなど 

〈猫実珈琲店の出張カフェ〉
http://nekozane-coffee.com
・香り高いハンドドリップ……5月29日(日)のみの出店です。

会期 2016年5月28日(土)〜5月29日(日)11:00〜17:00頃
※モノマチは5月27日(金)から開催していますが、
とじ郎倶楽部ブースは28日(土)・29日(日)のみの出展です。

会場 上野、御徒町、浅草橋、蔵前地区
とじ郎倶楽部(モノマチ・センターエリア)
東京都台東区鳥越2-10-4
電話03-5833-5893
http://www.tojiro.co.jp/

(情報提供/会員No.1田中栞)
和綴じの豆本を作ろう 〜赤井都@河出書房新社ワークショップ〜(東京都渋谷区)
赤井都さんが、河出書房新社にて5.8×4. 3cmほどの和綴じ豆本を作るワークショップを行います。
『製本道具豆帳』と題し、製本道具の絵柄のはんこ(はんこ作成・山猫や)がおされた本文紙と、手漉き和紙(細川紙)の表紙を糸綴じします。



日時 2016年5月20日(金)19〜21時(18時30分開場)
場所 河出書房新社1階「茶房ふみくら」
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2( JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分)
参加費 2500円(材料一式、ドリンク1杯つき。 当日会場でお支払いただきます)
定員 15名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

*申込方法 河出書房新社「かわくら」への会員登録が必要です。
http://www.kawade.co.jp/ kawakura/

(情報提供/会員No.2赤井都、河出書房新社)
*日本豆本協会企画* お宝豆本拝見会 〜華麗なる名作豆本の世界〜

豆箪笥や豆ピアノなどの家具、 漆箱やステンドグラスケースなど職人仕立てのケースに収めた未来 工房豆本、本格革装のほしのびじゅぶっく、 特性専用収蔵棚に大切に入れたこつう豆本特装版など、 昭和の美しい限定版名作豆本の実物を田中栞の解説つきで、 多数見られます。武井武雄刊本作品も数点あります。
どなたでもご参加いただけます。



日時 2016年6月19日(日)13:00〜17:00
会場 若林洋一会員宅(横浜市内)
東急東横線「白楽」駅下車徒歩15分
お申込みの方には、当日のことについてのメールを差し上げます。
参加費 日本豆本協会会員・2000円/日本豆本協会非会員・2500円  ※要予約


 ・申込み&お問合せ先/田中栞 koubaido※cam.hi-ho.ne.jp(※を@ に代えてご送信下さい)
電話045-431-1260
「お名前、緊急連絡時のためのお電話番号、 日本豆本協会会員か非会員か」を明記の上、 メールでお申し込み下さい。
2日以内に必ずご返信します。返信がないと思われましたら、 迷惑メールフォルダをご確認下さい。

(情報提供/会員No.1田中栞)
 
杉山映子・岡文子 二人展 〜伝承・未来へ〜(神奈川県平塚市)


豆本作家の岡文子さんが、ロウ染め作品の作家・ 杉山映子さんと二人展を開きます。
岡さんは、装丁も中味も手作りの本たちを展示販売、 岡さん在廊時は体験教室も行います。

日時:2016年4月22日(金)〜4月30日(土)11: 00〜17:00(最終日15:00まで)
会場:元麻布ギャラリー平塚
平塚市明石町1-1
JR平塚駅北口から徒歩約4分

(情報提供/会員No.266 岡 文子)
豆本と小さな本展(大阪市)
14作家の可愛らしい豆本作品を展示販売します。
アンティーク豆本作りのワークショップや
西洋の豪華な挿絵本を見る会もあります。
 
参加作家 atelierROSE & SATY/稲山ますみ/hokori/大場康弘
桐山暁/Cream tea/田中栞/マメカバ本舗/西田あとり
速水暁子/上山榮子/風琴幻想/まりこばこ/森馬康子

会期 2016年4月5日(火)〜4月15日(金) ※ 4月11日(月)休み
火〜土12:00〜19:00、日・最終日12:00〜17: 00
会場 ギャラリーびー玉
大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル206
電話06-6881-2818

http://www2.odn.ne.jp/bi- damas/page/gallery_map.html

*ワークショップ
http://www2.odn.ne.jp/bi- damas/page/workshop_boshuu. html
講師/田中栞(日本豆本協会会長)
・4月16日(土)
〈1〉アンティーク豆本/フラッグブック豆絵本『The 3 little Kittens』 10:00〜13:00

〈2〉作品貼り込み帖(御朱印帳式)13:30〜17:00
〈3〉お宝本見せます会・その1〜西洋アールデコ挿絵本・美装本
(マルティ、バルビエ、グランビル、麗しの祈祷書の数々)17: 30〜19:00

・4月17日(日)
〈4〉お宝本見せます会・その1〜西洋アールデコ挿絵本・美装本
(マルティ、バルビエ、グランビル、麗しの祈祷書の数々)9: 30〜11:00
〈5〉作品貼り込み帖(御朱印帳式)12:00〜15:30
〈6〉アンティーク豆本/本かがりハードカバー豆絵本
ケイト・グリーナウェイ『マリーゴールド・ガーデン』16: 00〜21:00

参加費 〈1〉3500円/〈2〉〈5〉4000円/〈3〉〈4〉 1000円/〈6〉5500円
※要予約
予約申込み・問合せ先/ギャラリーびー玉
電話06-6881-2818
b-dama※
pop21.odn.ne.jp(※を@ に代えてご送信下さい)

(情報提供/会員No.1田中栞)
本のアトリエ・EIKO教室展 美しい手製本の世界(奈良市)
中尾エイコさん(講師)と中尾あむさん(副講師)の教室の皆さんの作品展で、フランスで開催した展覧会から戻ったルリユール作品などを展示します。オリジナル豆本や紙の販売もあります。

*ワークショップ 会期中、毎日14:00〜15:00頃
参加費 500円〜1000円(当日受付)

会期 2016年5月4日(水)〜5月6日(金)10:00〜17:00
会場 奈良町物語館
   奈良市中新屋町2-1  電話0742-26-3476
連絡先 中尾エイコ(アトリエ) 電話06-6351-4887

(情報提供/会員No.1田中栞)
豆本がちゃぽん10周年(東京都・神保町)
 
10年分のがちゃぽん豆本実物などを展示し、10周年記念冊子『豆本がちゃぽんの10年〜直径48ミリカプセルの中のブックアート』と豆本がちゃぽん第36集を販売します。
※万一売り切れの際はご容赦下さい。

会期:2016年4月1日(金)〜5月31日(火) 無休 
   10:00〜21:00(日祝〜20:00) 
場所:東京堂書店神田神保町店
   1〜3階奥階段スペース&カフェ壁 
   千代田区神田神保町1-17  電話03-3291-5181
 
(情報提供/会員No.2赤井都)
ワークショップ・手作りの小さな本(神奈川県平塚市)



てのひらサイズの小さな本を作ります。
和綴じ本か、ハードカバーの洋本仕立てか、ご希望の本を2時間程度で作れます。
洋本は、表紙の色が赤・青・緑の3種類から選択できます。

日時:2016年3月26日(土)・3月27日(日)
受付/11:00〜15:30(作業時間は、11:00〜17:00のうちの2時間程度)
講師:岡 文子
会場:元麻布ギャラリー平塚
平塚市明石町1-1
JR平塚駅北口から徒歩約4分
参加費:1冊につき1000円  ※要予約

*予約先/岡文子
メール fumiko.oka.13511☆gmail.com(☆を@に置き換えて、ご送信ください)
下記を明記の上、メールでお申し込みください。
1.お名前
2.連絡のつくお電話番号(緊急連絡時に使用)
3.参加希望日……26日(土)・27日(日)どちらか
4.和本か洋本か、また洋本の場合は、表紙の色のご希望も(赤・青・緑 いずれか)

(情報提供/会員No.266 岡 文子)
〜日本豆本協会会員の皆さんとプチ豆本フェスタご出展の皆様へ、大切なお知らせ〜 日本豆本協会会報「豆本手帳」第5号ができました
 大変遅くなりましたが、2015年度の会報「豆本手帳」第5号が完成しました。
2016年2月10日(水)に、2015年分の会費をお支払い下さっている会員の方と、
2015年9月開催のプチ豆本フェスタにご出展下さった方々への発送を完了しました。
今回、同梱物の煩雑さから手違いが発生しており、
ことによると、2015年の会員の方とプチ豆本フェスタのご出展者でありながら「届かない」というケースが起こるのではないかと危惧されます。
2月15日(月)までに届かない場合は、発送業務不備の可能性がありますので、
下記へご連絡いただければお送りいたします。
よろしくお願いいたします。

*日本豆本協会会長・田中栞
mamehon-jim※ja3.so-net.ne.jp
(※を@に代えてご送信下さいませ)

(情報提供/会員No.1田中栞)
「ネコ!ねこ!猫!!」展(札幌市) 
北海道立文学館所蔵の文学作品から、絵本や童話、
本の表紙や挿絵などに、猫の描かれている作品をご紹介します。

会期:2015年11月28日(土)〜2016年1月17日(日)
9:30〜17:00(入室は16:30まで) 月曜休館
観覧料:無料 
会場:北海道立文学館・特別展示室
札幌市中央区中島公園1-4 電話011-511-7655

※大人のためのワークショップ「猫・豆本を作ろう」(講師=関川敦子)は、定員に達したため、参加募集は締めきりました。

(情報提供/会員No.118関川敦子)